「データ解析のための統計モデリング入門」第9章メモ

緑本9章の内容について、RStanでやってみる。 Stanコード 次の内容で作成し、sample.stanという名前で保存した。 data { int<lower=1> N; vector[N] x; int<lower=0> y[N]; real mean_x; } parameters { real beta1; …</lower=0></lower=1>