Rでマネーフォワードをスクレイピングする

マネーフォワードのポートフォリオ(資産ページ)は資産の内訳が一覧できて便利なのだが、銘柄コードがあるものは全部株、という感じでざっくりしている。商品の区分も業種の区分もわからないので、もうちょい細かく見たいときに困る。というか自分のポートフォリオが実際どうなっているのかよく分かってない。これでは良くないということできちんと集計しようと考えた。

しかし証券会社のwebサイトの出力はしょぼいし、マネーフォワードのポートフォリオはそもそも出力できないしユーザーが使えるAPIも公開されてない、ということでマネーフォワードをスクレイピングすることにした。

続きを読む

似非エラトステネスの篩は「アイデアとして正しい」のか?

少し前に某所でエラトステネスの篩の実装が正しくないとかなんとかで話題になったことがあった*1*2。そこでの結論が「アイデアとしては正しいが高速化のための実装としては間違い」みたいなところに落ち着いてしまってイマイチ腑に落ちなかったので少し調べた。

続きを読む

食洗機を買った

食洗機は前から買おうと思っていたのだが、在宅勤務も長くなり、家で食事を作る機会が増えてきたので買った。導入までやったことを記しておく。まだ今日設置したところなので、食洗機買って良かったかどうかという判断はできていない。大変だったので設置できたことについての満足感はある。

続きを読む

メンデルの法則をめぐる論争について (4) - 連鎖および近年のメンデルに対する評価

関連記事一覧


前回まで3回にわたってメンデルの法則をめぐる論争について取り上げた。この話に関連してよく取り上げられる話題はもう一つある。

それは「メンデルは連鎖を見つけられたのではないか?」というものだ。

続きを読む

メンデルの法則をめぐる論争について (3) - 「データができすぎている」は解決できない

関連記事一覧


前々回前回とメンデルの法則をめぐる法則を紹介し、前回はフィッシャーの2つの指摘のうち1つについて否定が可能という説明をした。今回はフィッシャーの指摘のもうひとつの要点である「データが理論値に一致しすぎている」について説明する。今回が本題である。

そもそも、Weldonに始まるメンデルのデータに対する疑問はこの「データが理論値に一致しすぎている」が発端である。前回取り上げた「1:1.7」問題はフィッシャーの疑念をより強めたポイントではあったが、それ単体で見れば「運が良かった」でも済ませられる程度のものであった。

続きを読む

メンデルの法則をめぐる論争について (2) - 「1:1.7問題」は解決できる

関連記事一覧


前回、メンデルの法則をめぐる論争の背景について説明し、フィッシャーの2つの指摘を紹介した。

今回はフィッシャーの指摘のうちの1つ、「F₂世代で優性型を示した個体の雑種型と不変型の分離比は2:1ではなく1.7:1として観測されるべきだがデータは2:1に近接している」という点について説明する。

続きを読む